次回研究会のお知らせ


開催予定の研究会等の情報をお知らせします。

過去の開催内容は各研究会ページ(講演会・研究会地域持ち回り研究会東北地方民俗学合同研究会)をご覧ください。


 

第35回東北地方民俗学合同研究会「行政の民俗調査と報告書を考える」

1 開催日時

平成30 年11 月24 日(土) 13:00 ~ 16:45 

 

2 開催場所

盛岡駅西口アイーナ8 階会議室803 

 

3 趣旨

 1996 年に始まり、20 年余にわたった『青森県史』編さん事業が2017 年度に終了した。この間、『八戸市史』や『仙台市史』なども編さんされ、そのいずれの事業の中でも民俗が重視されている。岩手県内でも近年『北上市史』『遠野市史』編さん事業が始まっていて、こうした流れを見る限りにおいてこの合同研究会の構成団体がそうした行政の編さん事業と無縁であるはずがない。

 行政の民俗調査はこうした自治体史編さんの大がかりな事業にとどまらない。独自に文化行政として進めているものや、文化庁補助事業(文化遺産総合活用推進事業)等を活用して、特に民俗芸能や祭礼行事等の無形民俗文化財の記録事業等も盛んに行われてきた。こうした成果は、映像記録もあわせて記録保存のためにという意識が強調されるが、学術的な意義も大きい。

 民俗学においては、行政との関わりについて、とりわけ高度成長期以降不即不離の関わりを持ち続けてきたことは改めて述べるまでもない。行政の報告書ということで象徴的なことを挙げれば、例えば「中学生が読んでも理解できるような平易な文章」などということが執筆要領に掲げられ、いかにも公的な刊行物であることが意図される。しかし、そうした文脈とは違って、こうした刊行物が学術的な成果として、また伝承活動と無縁とはならないこうした成果物に対して、それに携わる者には個人の研究テーマとは異なる意義が問われなければならないであろう。

今回の合同研究会は、こうした行政の民俗調査と報告書の各県における事業を踏まえつつ、それに携わった経験をもとに、行政の民俗調査と報告書はどうあるべきかを考える機会としてみたい。

 

4 プログラム

開会の挨拶(13:00)

 

基調報告(13:05 ~ 15:10)

「本シンポジウムの趣旨と岩手の民俗の行政調査の現状」岩手民俗の会 大石泰夫氏

「青森県無形民俗文化財等記録(文化庁文化遺産総合活用推進事業)について」青森県民俗の会 古川実氏

「『祭り・行事調査報告書』後の県内事例の変容」秋田県民俗学会 石郷岡千鶴子氏

「大崎耕土の世界農業遺産認定の取組と民俗調査」東北民俗の会 車田敦氏

「行政主導・連携の文化財・民俗調査、その事例から」山形県民俗研究協議会 角屋由美子氏

「自治体史民俗編の役割と課題」福島県民俗学会 岩崎真幸氏

 

全体討論(15:30 ~ 16:45)

 

閉会の辞

 

5 懇親会

17:30 ~ 20:00

場所JARAN JARAN 019-606-1066

(盛岡駅前通ジャーランビル5F フリースペースJ-BANG)

 

6 会費等

・合同研究会参加費(資料代) 1,000 円

・懇親会費5,000 円

※直接会場にてお払い下さい。なお、領収書が必要な方は、事前に御連絡下さい。

 

7 参加申込

研究会への参加は、特に申込の必要はありません。

懇親会については、11 月10 日までに各研究団体でとりまとめて参加者のお名前と人数をメール・FAX・書簡のいずれかで岩手民俗の会事務局までお知らせ下さい。なお、この締切以降の申込については、各自が岩手民俗の会事務局までお問い合わせ下さい。


 

平成30年度 地域持ち回り研究会「いわきの暮らしと民俗学者」

概要

本年の地域持ち回り研究会は、浜通り・いわき市にて「いわきの暮らしと民俗学者」をテーマに行います。今回はいわき市暮らしの伝承郷との共催です。企画展「昭和10年代のいわきの年中行事写真展」に合わせ、じゃんがら公演と夏井芳徳先生のご講演など、盛りだくさんで開催しますので、ふるってご参加ください。

 

日時 平成30年12月16日(日)13:00~16:30

場所 いわき市暮らしの伝承郷  ※要入館料(一般330円)

(いわき市鹿島町下矢田散野14-16  tel 0246-29-2230)

 

プログラム

13:00~13:30 「磐城じゃんがら彩志会」によるじゃんがら念仏踊公演(於:休憩コーナー)

13:45~14:30 企画展「昭和10年代のいわきの年中行事写真展」展示解説会(於:企画展示室)

14:30~15:00 いわき市暮らしの伝承郷 園内自由見学

 

15:00~16:30 講演会「民俗学者・高木誠一の聞き取り調査―キツネに騙された話」(於:休憩コーナー)

講師:夏井芳徳 先生(いわき市総合図書館長・いわき地域学會副代表幹事)

要旨:高木誠一の著書『磐城北神谷誌』に所収されたキツネに騙された人の話を紹介しながら、「人がキツネに騙されること」について考察いただきます。