福島県民俗学会 入会のご案内


福島県民俗学会では随時会員を募集しています。当会の活動にご興味のある方なら誰でも入会することができます。入会をご希望の方は、入会申込書をダウンロードしてご記入の上、事務局までお送りください。メールでも受け付けています。

なお、年会費は4,000円で入会金はありません。会員の方には研究会などのご案内と会誌『福島の民俗』をお送りいたします。また研究会での発表や会誌への投稿をすることができます。詳細につきましては下記の会則をご参照ください。

【事務局】
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25 福島県立博物館内
TEL 0242-28-6000
fukushima_folklore1971●yahoo.co.jp
(●を@に変えてください)
担当:内山大介・大里正樹


福島県民俗学会会則

(名称および事務所)

第1条 本会は福島県民俗学会と称し、事務所を福島県立博物館(会津若松市城東町1番25号)内におく。

(目的)

第2条 本会は民俗全般の調査研究と会員相互の親睦をはかることをもって目的とする。

(事業)

第3条 本会は前項の目的を達成するために、次の事業を行う。

    1.資料の研究ならびに調査保存(有形)

    2.実地の研究、記録の作成(無形)

    3.研究成果の発表

    4.機関紙並びに研究出版物の発行

    5.民俗知識普及のために各種事業

    6.その他

(会員)

第4条 本会の目的に賛同し、本会幹事会において承認を得たものをもって会員とする。

(役員および職員)

第5条 本会に次の役職員をおき、任期を2ヶ年とする。ただし、再任を妨げない。

    会長1名、本会を代表し会務を総理する。

    副会長3名、会長を補佐し会長事故あるとき事務を代行する。

    常任幹事若干名、本会の運営に参画し重要事項を審議する。

    幹事若干名、本会の運営に参画し地区の連絡にあたる。

    監査2名、本会の庶務会計を監査する。

    事務局長1名、本会の庶務会計に従事する。

    顧問若干名、顧問は会長の諮問に応ずる。

(役員および職員の選出)

第6条 1.会長、副会長、監査は総会で選出し、幹事は各地域ごとに推挙されたものおよび会長の指名するものを総会で承認する。

      事務局長は会長が委嘱する。

    2.前項の幹事選出地区は次のとおりとする。

       相双地区  相馬市、南相馬市、相馬郡、双葉郡

       いわき地区 いわき市

       会津地区  会津若松市、喜多方市、南会津郡、河沼郡、大沼郡、耶麻郡

       県南地区  白河市、東白川郡、西白河郡、石川郡

       県中地区  郡山市、須賀川市、田村市、岩瀬郡、田村郡

       県北地区  福島市、伊達市、二本松市、本宮市、伊達郡、安達郡

(総会)

第7条 総会は年1回、会長が招集し予算・決算・事業計画・会則の変更、その他重要事項を協議決定する。ただし会長が必要と認めた場合には臨時に招集することができる。

(幹事会)

第8条 常任幹事会および幹事会は必要に応じ、会長がこれを招集し、本会の企画、運営その他事項を審議する。

(経費)

第9条 本会の経費は次の各号による。

     1.会   費

     2.寄 付 金

     3.その他の収入

第10条 前条第1項に定める会費は年間1人4,000円とする。

(会計年度)

第11条 本会の会計年度は4月にはじまり、翌年3月に終わる。

(会則の変更)

第12条 本会則の変更は、総会出席者の3分の2以上の同意を要する。

(附則)

この会則は昭和46年2月7日より施行する。

昭和53年6月4日 一部改正

昭和56年6月7日 一部改正

平成3年6月2日  一部改正

平成17年6月   一部改正

平成21年6月   一部改正

平成24年6月10日 一部改正

平成25年6月2日 一部改正